【無音から大絶叫へ進化する爆乳輪】 榎本祐希 くびれJカップ 祐希 ほぼ処女が気持ち良くなるまで


熟女チャンネル


くびれJカップ 祐希 ほぼ処女が気持ち良くなるまで 榎本祐希

くびれJカップ 祐希 ほぼ処女が気持ち良くなるまで 榎本祐希

販売情報

レーベル:シネマユニット・ガス(GAS)
発売日:2017/01/01
特徴:Hに対してものすごく消極的なお姉さん
カラミを期待せず、とっても濃い色の爆乳輪を持ったカラダを鑑賞する作品です。

シーン解説

シーン1:パッケージの笑顔はどこへやら?ガッチガッチに緊張したインタビューにニコリともせずに脱衣


即興で自作した曲をピアノで演奏する榎本祐希さん、26歳。清楚な感じですが、どこか切なく、物悲しい曲は心境を反映しているがごとく、インタビューの受け答えも淡々として終了。脱衣をリクエストしても恥ずかしいのか、ムスッとした表情で脱いでいきます。おっぱいがオープンになるとちょっと下向きの乳首の爆乳&爆乳輪がお目見え。そんな長所もネガティブに受け止めているのか、まったく嬉しそうにしてくれません。フォトショット部分はつくり笑顔が丸分かりの固まったスマイルでシーン1終了。この先の展開が不安になるオープニング。





シーン2:痛いの?嫌なの?辛そうな表情が股間を萎えさせる


お風呂場で男優と一緒に透け透けな衣装で登場。濃い目の茶色い乳輪がエロく、おっぱいを愛撫されていますが顔は無表情です。男優が「気持ち良い?」と聞かれても

「ウン…」

と消えるような声で応えるだけ。おっぱいの接写シーンはフェチにはたまらない映像で一見の価値はあります。ローションでヌルヌルであり、普通の巨乳とは次元が違うような柔らかさです。

股間に手を入れられて、すごく嫌そうな顔をされると、こちらが申し訳ない気持ちになってしまいます。パンツをお尻に食い込ませてから脱がされた後、手でおま○こやクリトリスを刺激されますが、ほとんど喘ぐことなく、痛そうな且つ嫌そうな顔が続きます。経験人数が少ないからですかね。これではHする気にもなりませんよ。手マンでくちゅくちゅ音を立ててますから、多少は濡れているのかもしれませんが、SEXするまではハードル高そうです。これでシーン2が終了です。


シーン3:がんばってSEXを堪えた感が満載


ベッドでのインタビュー。プライベートでも最後までHすることなく、お口で処理してあげるとのこと。早くSEXを楽しめるようになると良いですね、と思ったところで男優が再登場し、キスから戦闘開始です。爆乳おっぱいを服、ブラの上からモミモミしますが、祐希さんは緊張のままで表情が固いです。ブラをゆさゆさして男優が楽しんだ後、ブラを外しておっぱいをオープン。浅田ちちさんばりのおっぱいの柔らかさを持った爆乳と巨大巨乳輪(言葉が変ですが…)はやっぱり迫力がすごいです。おっぱいを舐められ、

「ん…あん」

ちょっとずつ感じてくる祐希さん。この柔らかおっぱいは中々体験できそうにないです。声をあまり出していないのは、演技を全くしていない証拠かもしれません。感じ方がリアルだと思います。

今度はパンツ越しにクリトリスを刺激。このパンツを細くして刺激する行為は、女性も気持ち良いのでしょうか?パンツを脱がされてゆっくりクンニされて、やっと祐希さんが

「気持ち良い…」

とぎ始めます。男優が優しくリードしてくれて、ちょっと進歩してきたように感じます。感じ方はイマイチかもしれませんが、とにかくおっぱいや乳輪がエロくてすごいボディですので、体が好みの人にはオススメです。指をま○こに入れるシーンは、祐希さんが痛がらないように、優しくゆっくり入れています。陰毛はかなり濃い目のようです。指を少しずつ動かして、祐希さんの声も大きくなってきます。「あ、あ、いや、はぁん」と身悶え、ま○こに入れた男優の指もぐっしょりするほど、愛液で濡れています。

次は男優のち○ぽをお口に入れ、一生懸命フェラチオをしてくれます。フェラの経験も少ないので、そこまでいやらしくおしゃぶりはできませんが、必死にち○ぽをしゃぶります。フェラをそこそこに正常位でおま○こにち○ぽを挿入します。爆乳の垂れ具合とかすごく良いのですが、やっぱりちょっと痛そうな表情をしていて見ているだけで中折れしちゃいそうです。あまり長くHできそうにないと判断した男優は、パイズリに移行。思いきり腰を振って首から胸にかけて射精。SEXの感想を聞かれ、無表情のまま

「新鮮」

と一言。感想がちょっと独特ですが、がんばりましたね。


シーン4:ぎこちないけど、懸命のご奉仕プレイ


白い水着の祐希さんが新たな男優とキスシーンでスタート。早々に上のブラを外され、おっぱいがオープンになりますが、男優のフェラチオへと突入。がんばって舌を使ってナメナメしていますが、そこまで気持ちよくはなさそう。下からのアングルはおっぱいや爆乳輪が超エロいのですが、お口は静かなもので、もどかしい感じがします。男優からフェラチオ指導後はヨダレをち○ぽに垂らしてパイズリに移ります。

ここでもロボットのようなガチガチパイズリ状態を男優が優しく指導。祐希さんに指をしゃぶらせて、Hな気分にさせていきます。餅つきのようなパイズリのまま男優が大量射精。「舐めてごらん、綺麗にして」とお掃除フェラをリクエストして、祐希さんはがんばってザーメンを舐めとります。真剣にチュッチュと吸い取り最後は無表情でザーメンを顔に付けて終了。シュールです。



シーン5:もしかしてだけど、普段からローター使い込んでいるんじゃないの?


祐希さんのオナニータイムです。おっぱいを露出し、自分でモミモミしてさらに乳首を自吸い&乳輪ナメナメ。普通にやっているけど、大多数の女性ができない技をいとも簡単にやってしまいます。ピンクロータで乳首とクリを刺激しますが、祐希さんは目を閉じてほぼ無声、時折吐息が聞こえる程度でしたが、感じてくると足を広げて大胆になってきます。のっぺり爆乳とデカ乳輪が激しくエロいです。

パンツ越しから直接クリトリスを強めのロータで弄りだします。なんか電気シェーバーで毛の処理をしているような音がしてきます。いつのまにか全裸になり、ローターはクリトリス固定に。

「あ、あぁん!はぁ~ん!」

ボリューム多めの声であえぎ、絶頂に達して終了。


シーン6:無表情・無音からの絶叫マシーンへ突然変異


男優とのラブラブな雰囲気(祐希さんは無表情)で舌をからませたキスから始まります。緊張している祐希さんですが、男優にリードされながら今までになく、時間をかけて積極的になってきます。黒Tバックでお尻がアップになりますが、お尻もまずまずキレイな肌で興奮のポイントです。ゆっくりペースで服を脱がされ、おっぱいがなかなかオープンになりません。ここら辺の時間のかけ具合は、視聴者を焦らして巧いですね。

祐希さんは顔は童顔ですが顔からは想像がつかないボディをしているだけに、早く乳首や乳輪を拝みたいと思ってしまいます。このカラミから初見の人は、とっても興奮すると思います。ブラもとうとう脱ぎ、男優に後ろから耳や首筋を愛撫され、祐希さんは最高にセクシーな表情をしています。下からのアングルは乳輪がアップになるので、とても興奮できるポイントです。キスを中心に胸を愛撫し、祐希さんが上になっておっぱいを舐めます。茶色い乳輪が超絶なエロさを醸し出します。乳を吸われて手をバタバタするのは独特な感じ方です。今度は祐希さんが下になり、おっぱいを中心に愛撫され、手マンへと移行します。童顔とのギャップになるムッチムッチ感がたまりません。クンニになり、大きい声で喘ぎ始めます。

「あ、あぁ~ん。いや、やぁん!」

身悶え方が可愛いです。騎乗クンニの状態になり、のけぞって感じている姿に興奮できますが、早々に祐希さんが脱落。

仁王立ちスタイルでのフェラチオも今作品の中で一番がんばってしゃぶっています。流れるかのようにパイズリへと移行。パイズリも一番スムーズに刺激を与えています。ここでロータを使って乳首を刺激。自然と祐希さんの手もち○ぽを握り締めます。ち○ぽをフェラチオしたまま祐希さん自らがロータでクリトリスを刺激するシーンもすごく興奮できます。パイズリ~フェラチオを何回か繰り返しますが、ロータを当てっぱなしです。

とうとう、正常位で合体します。挿れている間はほとんどキスをして喘ぎ声をふさいでいます。騎乗位になり、祐希さんからがんばって腰を振ってます。ちょっと泣き声に近い喘ぎ声は好みが分かれるかと思います。お尻を突き出しバックで挿入します。おっぱいの垂れ具合、しわの感じがすごいです。最後は涙混じりで感じています。管理人はちょっとひきました。座位になり、乳輪アピールできる体勢になります。祐希さんから「気持ち良い!」の連呼が入り、背面からの挿入ではボディ全体を堪能することができます。かなり感じた喘ぎ声に変化するのは見所です。

クライマックス正常位で膣奥まで挿入されると自然と

「気持ち良い!はぁ~ん!あぁーーー!」

大きい声で絶叫します。最後は祐希さんの口元に顔射。思わず手で精液を拭ってしまいますが、お掃除フェラをして終了。

「痛かったけど気持ちよくなれました」






総評

SEXに奥手な榎本祐希さんが潜在能力半端ないエロボディを携えてご登場です。最初は何でAVに出ているのかと疑問に思うぐらいに無表情・無音を決め込まれ、男優とのぎこちなさに見ている視聴者側が不安を覚える内容に感じますが、最後のカラミでは、能力開放されたかのように絶叫・悲鳴型の喘ぎ声をボリューム最大に出している様子はとても興奮します。

途中で涙混じりになるところは、ちょっと引いてしまうところもありましたが、全体的には、がんばった感が溢れる内容です。ソフトなカラミが多いので、人によっては物足りなさが感じられますが、痛くてほとんどSEXできなかった女の子が、徐々に乱れてくる過程が好きな人は、とっても良い作品でしょう。以外にもロータを手放さないのは真面目なのか、オナニーはこなれているかのどちらかだと思います。

個人的には早見○かりさんに似ているシーンがあり、ムッチムッチ感と相まってすごく興奮したシーンがありました。
本番の内容は50点ぐらいですが、ボディの迫力はすごいです。
乳輪のエロさ:98点(100点満点)

無料動画DMM

DMMの動画ページで詳細を確認する

DMMの通販ページで詳細を確認する

スポンサーリンク



人気女優のVR動画もすごい臨場感です


この女性の巨乳もすごい

無修正動画を楽しみたい人向け